<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< うつ病エッセイ 9.そして実家へ | main | 日記-4/30 やってよかった! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
うつ病エッセイ 10.計画の変更
 会社を辞めて時間ができたら、やろうと思っていたことがいくつもあった。再就職へむけて新しい事を勉強してみたかったし、趣味にも時間を費やしたかった。一番してみたかったのは、一人旅。
 私はこれまで、一人旅というものをしたことがなかったので、会社を辞めて時間ができたら、一週間くらいのロングステイで旅行がしてみたかったのだ。
 実際に旅行パンフレットも集め、行き先も考えていた。沖縄の民宿でのんびり海を眺めていたい。そんな希望で民宿などもピックアップしていた。

 だが、実際会社を辞める頃には、うつ病が悪化していて旅行などいける状態ではなく、パンフレットを開く気力すらわかなくなっていた。旅行の計画など全く考えられない。気力的にも体的にも病気が治るまで旅行は延期するほかなかった。

 また、新しい職種で再就職をしようと思っていたことも難しくなった。
 学校に通って勉強をして、その分野で就職したいと思っていたが、考えるのが億劫なほど思考能力の低下した今では、就職はもちろんのこと勉強などとても出来る状態ではない。
 何事にも興味が持てないため、どんな職種にして何の勉強が必要かなど、調べることさえ出来なかった。仕事など、とてもじゃないが出来る自信がなくなっていた。

 そして、いままで仕事でなかなか時間が作れずに手付かずのままになっていた趣味全般。
 意欲低下が病状として出てしまうため、好きだった事までする気が起きないのだ。
 仕事をしている時は、早く仕事を終わらせて趣味をしたいと思っていたのに、時間がありあまっている今は、うつ病のせいで趣味にいそしむなんて考えられない状態になった。

 病気になってしまったせいで、やってみたかったと思っていたことが何一つ出来ない。時間だけがありあまってしまったのだ。
 テレビなどから流れてくる情報も鬱陶しく感じるためテレビはつけない。ひどいときは音楽さえうるさく感じる。活字は読む気にならないから大好きな漫画さえ読まなくなった。

 何もできないのに、時間だけがある。その無駄にある時間をひたすら憂鬱の辛さと戦いながら過ごさざるを得ないのだ。こんな辛い毎日になるなんて思ってもみなかった。
 私の楽しみにしていたはずの計画は、楽しみとは感じなくなり、全ては先延ばしとなったのだった。
| comments(0) | - | うつ病エッセイ-もがくココロ |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。