<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 今日はおでかけ | main | うつ病エッセイ 13.メールの支え >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
うつ病エッセイ 12.ビッグウェーブ
 気持ちは常にうつ状態だが、そんな中にも波がある。
 今日は「不安」も小さくて横になっていれば大丈夫と思う日もあれば、不安と憂鬱で落ち着かず、泣かずにはいられない日もある。
 何が影響しているかは自分でもわからない。気分の波はきままなのだ。

 発病して初期のころは、うつのビックウェーブが頻繁におとずれた。序所に落ち着かなくなり、じっとしていられない。先の事を考えて不安になったり、理由のない自責の念で、突然泣き始めたりする。手の振るえや頭痛・肩こりも症状として出ていた。
 そうなると、落ち着きを取り戻し涙がとまるまで、ひたすら耐えるしかなかった。 

 2週に一度の通院の際に、先生にビッグウェーブがくることを説明したら、気分を落ち着かせる頓服薬と、頭痛・肩こり対策のための筋肉弛緩薬を処方された。
 これで飲んでいる薬は全部で5種類。
 通院して経過報告をするたびに、処方される薬が増えていった。もともとうつ病の対所としては、はじめから大量の薬を処方するのではなく、体を慣らしながら少しずつ薬を増やしていくらしのだが、実際5種類の薬を渡されると気が重くなる。

 私は、いつくるかわからないビッグウェーブに怯えながら日々をすごし、出かける際も頓服薬をかばんに入れて、突然やってくる不安の波を乗り越えていくしかなかった。
 いま考えてもビッグウェーブは相当辛いものだったと思う。
| comments(0) | - | うつ病エッセイ-もがくココロ |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。