<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< うつ病エッセイ 16.気がつけば春 | main | アップし終わりました! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
うつ病エッセイ 17.回復へ向けて
 4月になって新しい薬がまたひとつ増えた。副作用はなく、なんだかいい調子。薬を飲み始めて数ヶ月、やっと薬が効いてきたのか、私は急に安定した日々を送れるようになった。
 そして、休養と睡眠、ちゃんと薬を飲んで、食事もとる。そんな毎日を繰り返して、日付は5月になった。

 まだ少し落ち着かないが、憂鬱や不安も少なく、気力も取り戻しつつある。
 今も、こうしてパソコンに向かい文章を書いているし、少しずつではあるが趣味を楽しみ、家事をする。そんな事が出来るようになってきた。
 数ヶ月前には考えられなかったようなことが出来るようになって、私は、自分自身で確実に回復に向かっていると確信できるようになってきている。
 まだ万全ではないが、長かったトンネルの出口が見えてきている。光が差し込んできたのだ。

 うつ病とは、本当に辛い病気だ。あんなに苦しくて辛い毎日を過ごしたことは今までない。何回もくじけそうになったし、消えて居なくなってしまいたい時が何度となくあった。
 でも、周囲の助けと病気に向き合い闘うことで、今こうして前を向けるようになってきている。まだ、たまに下を向いてしまうこともあるが、きっとあと少しで、上を向ける。青空をしっかりとみていける。そう思えるようになってきた。
 このまま病気に負けることなく、未来を楽しみに毎日を過ごせるよう、そんな日が一日も早くきてくれることを願って、これからも生き続けようと思えるようになった。
 これは、私にとっては凄い変化で、嬉しい変化。

 このまま近い未来には元の自分に戻れるよう、油断しないで病気と闘っていこう。そして、元の自分に戻れたら、私を助けてくれたたくさんの人たちに感謝の思いを伝えようと思う。

 私はこのエッセイが、少しでも同じうつ病で悩んでいる人の役に立てればと思う。そして、いままで周囲で私を支えてくれた家族と友人に心から感謝している。
 やはり、人は一人ではなく、支えあって生きていけるものなのかもしれない。

                                おわり
| comments(0) | - | うつ病エッセイ-もがくココロ |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。